二世帯住宅で親子で住むには 二世帯住宅 間取 二世帯住宅 価格 二世帯住宅 物件など

FrontPage

二世帯住宅について考えること

「高齢の両親と一緒に住む」意外と多いようです。 二世帯住宅はほとんどの場合、両親や兄弟と生活を別にし、同じ屋根の下で暮らすと考えていいでしょう。

生活のプラン

新しい建物の場合、適当な購入価格の住宅が見つかりいよいよ入居予定になり、今後の生活の予測しておかなければなりません。
まず、同居する他の家族は誰かということ。 それにより、検討する事項は

  • 1階と2階でそれぞれに生活するようにするか?
  • 生活の分離はどの程度にするのか?たとえば台所と食事は一緒か
    完全同居でまったく同じ空間か?
  • 一部分離かそれぞれ個人のプライバシーもあるでしょう。
  • 最も大事なのは、プランで悩む前に、やはり、一緒に生活していけそうか、1階と2階と生活しても、問題が出ることはある。同じ建物に住むのだから事前の話し合いは大事だと思います。

同居する家族

  • どちらかがルールを守れないタイプだったり、しぶしぶの同居では後で後悔することになります。
  • 思いやりの心を持てなかったりすると、どんなに素晴らしい建物でもこれからプランして新しい二世帯住宅を建てるとしても、有能な建築家でもいい住まいを作ることは困難だと思います。

二つの家族が住める家

  • 風通し・日当たりを良くすること住まいとして基本的なことですが、都心であれば密集地ということもある、窓の位置や各階の割り振りは、より配慮が必要でしょう。
  • 例えば、両親といっしょに同居生活するのであれば、いままで生活していて狭さを感じないこと、長年広い家に住み慣れていたら、日常の暮らしに狭さを感じない配慮も必要でしょう 、こうしたことに重点を置き、いままでの居住スペース同じように確保する工夫をする必要があると思います。
  • 現実、地方に住んでいる両親が、高齢などの理由で子供家族と同居するなど、例としては結構多い。両親が孫の世話してくれたり、お互いに生活が楽しく、便利に暮らせるようにできる二つの家族が同じ住宅であることが望ましいのではないでしょうか。

仲良く両親と

リフォームをしてバリアフリーにする

  • 物件を見つけ、リフォームする場合は現状建物の状態、変更目的など工事会社、担当者と相談しながら出ないと実施することはできない。リフォームは既存の構造体を利用して、使いやすく改装するだけに当初のプランどうり行かない場合もあります。
  • 又、同居する高齢の両親のためバリアフリーにするなど内装も検討が必要です。
  • 再建築不可の土地だったり、建物改築、増築が難しい場合(はより、しっかりとした計画を建て、建築基準法に基づいたリフォームを進めなければなりません。

二つの家族が住む住宅の例

  • ご近所の例ですが親の家族と子の家族では、床材と建具の色を変え、それぞれ好みの色調、デザインで仕上げていた。
  • 子の家族は、部屋ごとに、年齢に合わせイメージを変えています。
    ダイニングは明るいカラーを取り入れ、作業性を考えた、都会的なモダンな空間にしている。
  • 寝室は木や自然素材を生かした落ち着いた雰囲気に。これらはそこに住む人の好みによるところが大きいと思いますが、設計者や工事会社にセンスにもよるでしょう。
  • また三階には共同使用の空間を設けていて、落ち着いたオーソドックスな雰囲気でまとめている。
  • 共有している空間がある場合は、親と子の両家族でよく話し合い、調整が必要です。お互い譲るべきところは譲り合い、気分よくしようできるようにしたようです。
  • 個々のスペースでは、一家族でも同じですが、好みのインテリアを楽しむのが、リフォームの楽しみ方と言えます。

二世帯住宅での心配事

  • まず、騒音の問題ここでの場合、子の世帯が帰宅時間が遅く、帰宅時の音、らしい。これはある程度慣れの問題もあります。
  • 生活の時間差の問題では少なからずあるようです。
  • せっかく二つの家族が同じ住宅で同じ屋根の下で住むのだから、仲良く、楽しく暮らしたいものです! 

二世帯住宅用品の通販

★★二世帯住宅の用品!通販カラログ!いいのがいっぱいあります★★

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional